~事業再生実績1,000件以上事業再生のプロ清水洋の最新情報がここに!!~

  • トップページ
  • プロフィール
  • 清水洋 最新情報
  • 書籍紹介
  • セミナー情報
  • セミナー風景
自ら決断・実行する資産戦略家、経済アナリスト・清水洋現場の事実情報をもとに、鋭い近未来経済予測を書く!語る!自分の資産を守り発展させたいなら、この男に訊け!!

プロフィール

清水洋(しみずひろし)
経済アナリスト、経済評論家
東京都出身、中央大学経済学部卒業
その後、 税理士資格を取得し、独立
現在、中央総合事務所グループ代表
事業再生研究会、会長
TMA(世界的な事業再生実務家組織(本部シカゴ)、日本支部理事
東京商工会議所経営安定化特別相談室、専門員

80年代以降、経済の動きを大胆に予測して、まず自らの「資産対策」を実行。その成果を書籍に記すという、実践型の評論執筆活動を展開してきた。80年代バブル期には不動産を活用した資産形成術を説き、90年代中期のバブル崩壊期には自らの資産を損切りして資産防衛を実践。90年代末期の金融危機においては、日本経済のビックバンを予測していち早く「大倒産時代の到来」を語り、生活防衛マニュアルを記した。2000年代からは、事業再生の分野に進出し、過剰債務の解消法を伝授。多くの企業経営者を破綻から救い出し、再生へと舵を切らせている。2011年には疲弊する日本経済を「債券バブル崩壊」という新概念で喝破。国の無策によって国民が全ての資産を失わないように、具体的なアドヴァイスを繰り返している。この時代の資産防衛をテーマに記した『資産を守る法』(サンマーク出版)は、発売3週目で新宿紀伊国屋本店「ビジネス書部門」で第四位を記録。重版を重ねてベストセラー街道をひた走っている。

清水洋(しみずひろし)